30度を超える猛暑にも 若いもんにも負けず...94歳の道守さんも道の日の清掃活動に参加

8月10日は、道の日でした。

8月10日の猛暑に、大分市中心部の国道10号で、地元町内の老人会が母体の「顕徳町デウスクラブ」と大分河川国道事務所職員との合同で道の日の清掃活動をおこないました。

20120810_mitarai.jpg
顕徳町デウスクラブ・御手洗会長

20120810_okuda.jpg
奥田所長挨拶


「顕徳町デウスクラブ」からは65歳から94歳までの20名、
大分河川国道事務所からは奥田事務所長以下26名が参加し、
国道10号線沿線約500mの上下線区間で汗を流しました。


20120810_sagyo94.jpg
94歳の道守さん


午前中とはいえ歩道は30度を超す猛暑の中でしたが、全員元気に除草・ゴミ拾いに励み、50名近くの人数だったこともあり瞬く間にゴミ袋の山ができました。



20120810_after.jpg
草も取り除かれ、キレイになりました!

20120810_photo.jpg
最後は記念写真!


猛暑の中、ご苦労さまでした!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://michimori.org/mt-tb.cgi/20

コメントする

ウェブページ

このブログ記事について

このページは、道守大分会議が2012年8月23日 13:06に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「蒲江・北浦大漁海道だより2012.8.15 No.29号」です。

次のブログ記事は「マイツリーの手入れにいってきました」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。