10年を迎えた私たち道守は何ができるのか

みちづくし大会は、今年で第11回目を迎えました。昨年長崎大会では「人と道との新たな絆」というテーマで、パブリックミーティングという新しい試みの中、10年の活動を振り返ったことは、記憶にとても残っています。

大分大会では、長崎からのバトンを受け、道をステージとして「10年を迎えた私たち道守は何ができるのか」を志向する大会にしたいという想いが強くなりました。

そういった議論の中で

①さらなる道守活動の裾野を広げたい。

②道に関する活動を行っている未加入団体・個人の発掘をしたい。

③企業が道守活動の理解を深めて欲しい。

④この大会を単なるイベントに終わらせることではなく、次の10年の活動の再スタートとしたい。

などの意見に集約され、今回の大会を企画いたしました。

 第1部では、塚原副代表にコーディネーターで入っていただき、これからの道守がどうなっていくべきか、日本風景街道・道の駅との連携の図り方などを考える対談スタイルで進めます。

 第2部では、事前に大分県下から活動報告を公募し、審査委員会で高評化を獲得した3団体、九州各県から募った活動発表を行います。

 この大会で次のステージへ、希望あるご提案ができることを期待しています。

 

道守大分会議事務局

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://michimori.org/mt-tb.cgi/41

コメントする

このブログ記事について

このページは、道守大分会議が2014年10月15日 21:28に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「別大毎日マラソン前日に《マイツリー近辺清掃》を行います!」です。

次のブログ記事は「11月21日は「みちづくしin大分2014」大会です!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。